痛風が起きる主な原因は、大きく分けて6つあります。 ・アルコールの飲みすぎ ・食生活の欧米化 ・激しい運動 ・ストレス ・薬の影響 ・病気 まず、アルコールは尿酸値を上昇させやすい飲み物なので、飲みすぎると痛風の原因になります。 それに、食生活が欧米化したことによって、我が国でも肥満が増加し、必然的に高尿酸血症の方が増えているのです。 また、激しい運動をすると汗をかくので、体内の水分が失われ、血液の濃度が濃くなります。 濃度が濃くなると尿酸値が上昇してしまいますから、運動中は水分をこまめに摂取してください。 それから、ストレスを感じやすい人は、痛風になりやすいといわれているので、ストレスを蓄積させるのは良くありません。 薬の中には尿酸値を上げてしまう作用があるものも存在するため、気をつけないといけませんし、腎機能に疾患を抱えていたり、血液の病気になると尿酸値が高くなり、痛風を引き起こす可能性もあります。 このように、痛風が起きる原因はいくつもありますが、生活習慣を見直すだけで、かなりの確率で痛風を予防できるでしょう。